”身にまとうアート” をコンセプトに2010年より、カットソーを中心としたコンパクトなアパレルコレクション " VVV " をスタート。
同時に自身のイラストを他ブランドや雑誌媒体、ショップとのコラボレーションも実現させ、2016年からはパリのコレット、2017年S/Sには元KENZOのVMD、現在はプチバドーのVMDを勤めるフローレンス・フォンタナとのコラボレーションを展開するなど活動を広げてきました。
生産は職人の生産手順を深く理解する事から始まり、アパレルはバングラディッシュ、トルコ、ポーランドの工場で生産され、認可されたオーガニックコットンを使用しています。フランスではその生産背景が、人道的にも環境的にも優れた方法とし評価されています。プリントはパリの工場にて、刺繍はフランス最高峰の技術を持つ " NORD-PAS-DE-CALAIS "の工場で生産しています。
ポップカルチャー知的文化、フランスの現代美術やアンダーグラウンドカルチャーを源とし、物で溢れかえる現代の中、 " 創造性 " こそが " VVV " のプロジェクトの根源になっています。